2014年06月30日

解っているようで解らないメールの「Cc」と「Bcc」とは

私はこの「Cc」および「Bcc」のことを
 理解しょうと、ネット検索したり
  書籍で調べてみましたが・・・

イマイチ、よく解らない?!

そこで、私の独断と偏見による
 「Cc」&「Bcc」の一発解釈です(説明不足はご容赦)

Yahoo!メールを例にとって説明しています
 (アドレスブックにアドレスと氏名が
   設定されているものとします)

「Cc」と「Bcc」はどちらも複数のアドレスに
 同じ内容のメールを送信するときに使う機能です

このメールを受け取った側から見ると
 「Cc」と「Bcc」の違いが理解できます

↓「Cc」のメールの場合

  同時に送られた人のアドレス(名前)が表示されている

Cc受信メール.jpg


↓「Bcc」のメールの場合

  他に送られた人のアドレス(名前)は判らない

Bcc受信メール.jpg

上のように、複数同時に送信されたメールを

 受け取った人が、他の誰に送られたのか?

  「Cc」は判るが、「Bcc」は判らない


    と言うことです・・・・・・・・・


なお、文中の氏名は説明のための「架空のもの」です

ここから下は覚えなくてもいいです
 (覚えると余計にややこしくなるので)

 「Cc」とは、メールの制御データのひとつで、
   カーボンコピー(Carbon Copy)の略です。

 「Bcc」とは、これもメールの制御データのひとつで、
   ブラインド・カーボンコピー(Blind Carbon Copy)の略です。  
   ブラインド(遮るの意味)とあるように他の受信者の
   メールアドレス(名前)を隠しています



当サイトの関連ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カテゴリ別索引

【INDEX】(総索引)へ



タグ:BCC CC
posted by computer at 17:31 | メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

850円のUSBメモリーでWindows 7パソコンを高速化(PCの動作を早くする方法)

最近、我が非力なるパソコンも
 さらに、動作が遅く感じるようになりました

USBメモリーを利用して、
 パソコンを高速にする方法があることを知りましたので
  ここに記載します

この機能は「ReadyBoost」(レディーブースト)と言いUSBメモリーや
 ハードディスクを利用してWindows 7の動作(パフォーマンス)を速くするそうです


USBメモリーは「ReadyBoost」に対応している必要がありますが
 とりあえず、私の場合は手持ちのUSBメモリー(KINGMAX 8GB)を
(昨年、850円で家電量販店の特売で買ったもの)
  使ってみることにしました

対応していない場合は
 「このデバイスはReadyBoostに使用できません」と表示されます

そのときは、ReadyBoost対応品を購入してください

また、このPCの高速化のためのUSBメモリーの
 容量は8GBもいりません4GBもあれば充分です

↓850円の特売品USBメモリー

USBメモリ画像


↓USBメモリーをパソコンのUSB端子に挿しこみます

 すると、下の画像のような
  自動再生ダイアログボックスが表示されます

 [システムの高速化]をクリックします


自動再生ダイアログボックス


↓次に、下の画像のような
  リムーバルディスクのプロパティのウインドウが表示されます

 @ [ReadyBoost]タブをクリック

 A [このデバイスを使用する(U)]のラジオボタンをクリック

   その下スライダーを右端までドラッグ
    (画像の場合「4094MB」となりました)

 B [OK]をクリックします


リムーバルディスクプロパティ


ハイ! これで [ReadyBoost]機能の設定が完了しました

 手持ちのUSBメモリーがReadyBoost対応品だったと言うことです


↓どのようなファイルが作成されたのか

  見てみました・・・

リムーバルディスクReadyBoost
           [画像をクリックすると拡大表示]


この設定後のパフォーマンスは
 実測はしておりませんが、サイトの表示速度は


 かなり向上したように思えます!!!

まあ、1000円前後のUSBメモリー1個でパフォーマンスが
 上がるなら、試して見られるのもよろしいかと・・・・・


当サイトの関連ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カテゴリ別索引

【INDEX】(索引)へ



posted by computer at 16:22 | Windows 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

テープやレコードの音楽をPCに取り込むA(iTunesでWAVEをMP3に変換)

このページは

カセットテープや古いレコードの音楽をケーブル1本でPCに取り込みCDにコピー

 のページの「続き」です

このページでは「iTunesでWAVEをMP3に変換」が主題です

 WAVE(WAVと同義語)は音質は良いのですが、サイズが大きいのと
 再生できるプレーヤーが少ないのが欠点です

アップルの[iTunes](アイチューンズ)のダウンロード&インストール

アップルの[iTunes]公式サイト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.apple.com/jp/itunes/


↓[iTunes をダウンロード]をクリック

iTunesインストール


↓[今すぐダウンロード]をクリックします

今すぐダウンロード
           [画像をクリックすると拡大表示]


↓画面の下の方に画像のような表示がでます

 [保存]をクリックします


この種類のファイルは・・・


↓画面の下側の表示が画像のように変わりましたら

 赤枠の部分をクリックします


iTunesSetup.jpg


あとは、画面の指示を見ながら進めてください


↓インストール操作が終わると

 下のウインドウが表示されますので

 [完了(E)]をクリックしてください


iTunesインストール完了


↓デスクトップに「iTunes」のアイコンが作成されます

iTunesアイコン


↓「iTunes」を起動します

iTunes起動.jpg


↓次に前ページで作成されたWAVEデータファイル
 「秋桜(コスモス)」を表示します
 
 このファイルを「ドラッグ アンド ドロップ」でiTunesの画面にもっていきます


WAVをドラッグ&ドロップ


↓下の画像のような画面に自動的に切り替わります
  カセットテープのWAVEデータの「秋桜(コスモス)」の曲が
   「iTunes」にコピーされました


iTunesに曲取り込み


↓取り込まれた曲はWAVEファイルですからMP3に変換します

 「秋桜(コスモス)」を右クリックして

  プルダウンメニューの[MP3 バージョンを作成]をクリックします


コスモス右クリックMP3作成


↓MP3への変換が開始されます

秋桜を変換しています
↓「ポロロン」と終了音が鳴って変換完了です

 下の画像のように元のWAVEファイルの
  1つ下の段にMP3ファイルが作成されます


下にMP3バージョン


↓この新しく作成されたファイルがMP3か確認してみます

 下の段のファイルを右クリックします


下の段右クリック


↓プルダウンメニューの[プロパティ]をクリック

MP3ファイル右クリック


↓[MPEG オーディオファイル レイヤー3](MP3)に変換されています

 3分30秒の曲でサイズは4.1MBです


秋桜MP3ファイル

↓同じく上の段の元のWAVEファイルも見てみます

 上の段「右クリック」⇒[プロパティ]をクリック

  [WAV オーディオファイル]で、サイズ17.7MBです


秋桜WAVEファイル


↓この作成されたMP3ファイルを「ドラッグ アンド ドロップ」で
  (ドラッグ アンド ドロップで移動できないときは
   [Ctrlキー]+[Cキー]⇒[Ctrlキー]+[Vキー]で貼付け)

 ファイルを移動してCDへの焼付けやスマホでの再生を楽しんでください


他の場所へコピー


↓MP3ファイルをスマホに取り込み再生してみました

スマホ画面.jpg

とりあえず、CDに焼付なりスマホで再生なりの

 一連の操作をやってみてから、徐々に

  奥深い操作を覚えましょう

始めから全てを理解しょうとすると無理が来ます
 (私が、そうでした)

今回は「iTunes」のWAVEをMP3に変換の機能に絞って
 説明しましたが

「iTunes」は下記のようなこともできますので
 時間があったら挑戦してみてください

iTunes で出来ること
 オリジナルCDの作成
 音楽やビデオを再生する
 iTunes Store で、音楽、映画、テレビ番組、オーディオブック、無料の
  Podcast などのコンテンツを探す
 iPod、iPhone、または iPad を設定して、音楽やビデオなどを追加する



当サイトの関連ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カテゴリ別索引

【INDEX】(総索引)へ



posted by computer at 11:47 | 役立つソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。