2015年03月20日

100ショップの緊急用スマホ充電器を実用に堪えるように改造(性能アップ)しました

100円充電器改造前

↑ 上の画像のような「スマホ緊急用充電器(USB charger)」なるものを購入しました

 DC-DC昇圧回路が組み込まれ3V〜4.5V程度の電圧を
 5Vに昇圧してUSB端子に出力しています

 単3アルカリ乾電池2個で約10%充電量がアップと説明書きにあります

 本体の寸法 約76×33×18mm(100硬貨は比較のため)

 10%アップでは「ちょっと」心許ないので性能アップしてみようと思います

 用意する部品は「電池ホルダ(単3×2用)」、「電池ホルダ用スナップ」、
 「単3電池用スペーサー」です


↓ 改造後の画像です

 すなわち、電池が3個直列に入れれるようにしただけのことです


 このことにより、ニッケル水素充電池も使えるようになります

100円充電器改造後


↓ 下の画像のような乾電池&ニッケル水素充電池でテストしてみました

  アルカリ乾電池 起電力1.5V×3=4.5V(新品)

  ニッケル水素充電池(2100mAh) 起電力1.2V×3=3.6V(満充電時)

乾電池&NiH充電池画像


↓ スマートフォン&携帯(ガラケー)充電テスト中

スマホ&ガラケー充電中


充電テスト結果(いずれも端末電池残容量30%前後でテスト)

 アルカリ乾電池 スマホ 1時間30分で残容量約30%アップ
 ニッケル水素充電池 スマホ 1時間30分で残容量約40%アップ

 ガラケーの場合、アルカリ乾電池およびニッケル水素充電池共に
  1時間程度で満充電することが出来ました

 充電率は乾電池や充電池の性能に依るところが大きいです


余談ですが下の画像のような「USBライト」を用意しておかれると
 非常時に懐中電灯となり便利です
  
100円充電器にLEDライト

なお、改造は不測の事態も起こりますので自己責任でお願いします。
 管理人はこの改造による、いかなる責務も負いません。



当サイトの関連ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カテゴリ別索引





スポンサードリンク
posted by computer at 01:00 | Android スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。