2015年05月18日

デスクトップ画面のアイコンを一時的に隠す(非表示)方法

色々なことでデスクトップのアイコンを
 表示させたくないときがあるものです。

今回は「デスクトップ画面のアイコンを一時的に隠す」方法です。

↓ まず、デスクトップ画面のアイコンの無い
  何も無いところを右クリックします。

何も無いところ右クリック


↓ そうしますと、下の画像のようなメニュー(コンテキスト メニュー)が表示されますので
  [表示(V)]から[デスクトップ アイコンの表示(D)]のチェックを外します
    (チェックの入った部分をクリックしますと外れます)

コンテキストメニュー
       [全ての画像はクリックすると拡大表示されます]


↓ タスクバーを残してすべてのアイコンが隠れました。

アイコン非表示


アイコンを再び表示するには
 デスクトップの何も無いところ右クリック
 [表示(V)]から[デスクトップ アイコンの表示(D)]のチェックを入れます
    (□の部分をクリックしますとチェックが入ります)



当サイトの関連ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
デスクトップのタスクバーを消して(非表示)画面を広々と使う

カテゴリ別索引






スポンサードリンク
posted by computer at 10:03 | パソコン操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。