2014年06月04日

PCを購入したら、まずGメールアドレスとGoogleアカウントを作成しよう

わたくしが10年ほど前
 初めてパソコンを手に入れた時に
  何をやりたかったと言うと

ネットサーフィンとメールの送受です

その頃、メールに関してはWindowsに付属されている
 「Outlook Express」が標準メールとして使われて
   いたようですが、それが私にはイマイチ解からず

結局、Yahoo!メールがメインのメーラーになってしまいました。
 (現在でも「Outlook Express」はよく判りません。)

PCを購入したら、まずGメールアドレスとGoogleアカウントを作成しよう!

このページではGmailアドレスの作成とGoogleアカウントの同時取得します

Googleアカウントを取得する公式サイト
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.google.com/accounts/Login?hl=ja

上のサイトに入りますと

 Google
「アカウント1つで全ての Google サービスを。」


 の画面が開きますので、画面の下のほうの青字のリンク
  [アカウントを作成]をクリックします

↓下のような画像のページが表示されます

アカウントの作成.jpg

↓順番を付けて説明します

アカウントの作成順番入

↓まずは@〜Eまでの説明です

アカウントの作成1〜6.jpg
  (※画像の記入例は全くの架空の人物です)

 @名前(姓名)
 漢字およびローマ字どちらでも良いですが「実名」を記入します

 Aユーザー名を選択
   半角英数字およびピリオドが使用可能
   この欄に記載したものがGmailアドレスとなり
    Googleの各機能を利用する際のGoogleアカウントのユーザー名となります
    今回の場合「 taro.umiyama@gmail.com 」となります

 Bパスワードを作成
   半角英数字の組み合わせで8文字以上にする
    (※推測されやすいパスワードを入れると画像のような注意がでます)

 Cパスワードを再入力
   上記Bのパスワードをもう一度入れます

 D誕生日(正確に記載して下さい)
   年は西暦で、月は右横の▲▼をクリックで選択
   13歳未満の人は利用出来ません

 E性別(正確に記載して下さい)
   男性・女性の切換えは右横の▲▼をクリックで選択

↓次にF〜Gまでの説明です

アカウントの作成7〜8

 F携帯電話
   必須項目ではありませんが、できれば携帯の電話番号を
   入れておくほうがよいでしょう

 G現在のメールアドレス
   ここも必須の項目ではありませんが、入れておいたほうが
   パスワードを忘れた場合などに際しリセットなどが行えて
   助かります
   
↓続いてH〜Jまでの説明です

アカウントの作成9〜11.jpg

 Hテキストを入力
   画像に表れている文字列を枠内に入力します
    (この例では「112」です。読み辛い場合は右横の回転しているような
     円の矢印をクリックすると文字列が変わります)

 I国/地域
   右横の▲▼をクリックして「日本」を選択して下さい

 J「Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」に
   チェックを入れて[次のステップ]をクリックします

そうしますと
 
 「Google+の公開プロフィールの作成ページ」が
    開きます

 このプロフィールの作成は後ほどでも行えますので

 画面の下のほうの[次のステップ]をクリックします

画面が変わりまして

ようこそ○○さん

 あなたの新しいメール アドレスは ×××@gmail.com です


と表示され、GmailアドレスとGoogleアカウントの作成が完了しました


当サイトの関連ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Microsoftアカウントを取得してOffice2013に似たOffice Onlineを使おう

カテゴリ別索引

【INDEX】(索引)へ



posted by computer at 19:59 | Comment(11) | Googleの便利機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

Google Earth で思い出の地の3D画像やストリートビューを見る(インストール&使い方)

ストリートビューの画像は、撮影機器を積んだ車両で
 撮影された画像で、ユーザーが実際に道を歩いているように
  周りの色々な景色が見渡せるツールです。

まずは「Google Earth」を下記からインストールしましょう

Google Earth ダウンロード公式サイト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.google.co.jp/earth/download/ge/agree.html

Google Earth ダウンロードページが開きましたら

↓[同意してダウンロード]をクリック

Google Earthダウンロード
                   [画像をクリックすると拡大表示]

↓左下に「この種類のファイルは・・・」と表示されるので
  [保存]をクリック

保存をクリック.jpg

↓下のようなウインドウが出ますので
  [実行(R)]をクリック


ファイルを実行しますか→実行.jpg

↓「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」
  とウインドウに出ますので[はい(Y)]をクリック

インターネットからダウンロード.jpg

ダウンロードしています

インストールしています

上記の表示後、ダウンロード&インストールが終了します

↓デスクトップに下の画像のような
 「Google Earth」のアイコンが作成されます

Google Earthのアイコン.jpg

↓そうして、「Google Earth」のアプリが起動します
  「ビューアの操作ウインドウ」の[閉じる]をクリック

ビューアの操作閉じる.jpg

↓[手の形のポインター]を任意の場所に置き
  マウスの左ボタンを押したままドラッグ(360度可能)しますと
   地球が回転して意図する場所(上空)に行けます

地球360度回転.jpg

↓右上の操作パネルで下記のようなことが出来ます

 @ クリックして回すと、その方向に合わせて回転し、
   [N]をクリックすると北を上にしたビューに戻ります

 A クリックすると移動できます

 B スライダーをドラッグするかボタンをクリックすると、
   ズームインまたはズームアウトします

右上操作パネルアイコン

↓とりあえず「ヨーロッパ」の上空まで回してみました

ヨーロッパ上空.jpg

↓日本に戻ってきまして
  京都を探索してみます


 京都付近にマウスポインターを置き
  マウスの右ボタンを押しますと「照準」が表れますので
   右ボタンを押したまま下方向にドラッグします

京都上空右ボタン押す

↓すると「グングン」と自動的に地上に近づいていきます(※拡大)
  (反対に上方向にドラッグしますと縮小していきます)

地上に近づく

↓祇園付近の様子(ストリートビュー)を見てみましょう
  下の画像のように[人型のアイコン]をマウスの左ボタンを押しながら
   見渡したいところにドラッグ

人型アイコンドラッグ.jpg

↓見渡したい位置でマウスの左ボタンを離します

マウスボタンを離す.jpg

↓するとストリートビューが始まります

地面ビュー.jpg

↓マウスの左ボタンを押しながらドラッグしますと
  左右上下(全方位)のストリートビューが表示されます
   (交差点から西方向「八坂神社」が見えます)

左ボタン押しながら左右上下.jpg

↓南方向を見ています

全方位2.jpg

↓東北方向?

全方位3.jpg

↓北方向?

全方位4.jpg

↓地名や建物名入力で行きたいところに一飛び

  例えば「パリ凱旋門」と検索欄に入力後
   [検索]をクリック

パリ凱旋門と入力.jpg

地球が自動的に回って「パリ上空」に達します

↓以後、前の説明のように操作しますと
  
  「パリ凱旋門」のストリートビューが表示されます

凱旋門ストリートビュー.jpg

これで世界中の「思い出の地」や「あこがれの地」が

 あなたの目の前に広がります!


Google Earthで、まだまだ色々なことが出来ますので
 自身の手で操ってみてください。



当サイトの関連ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カテゴリ別索引

【INDEX】(総索引)へ



posted by computer at 20:29 | Googleの便利機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

ホームページ作成に「Google 日本語入力」は大変便利です

私のホームページ作りは、まだヨチヨチ歩きの状態で、
 サクサクとは参りません。

さて、ホームページ制作には、どうしてもHTMLのタグを
 エディッタに記載と言う作業がついてきます。

このタグを簡単に入力するツールとして
 「Google 日本語入力」の変換機能が非常に強力です。

私も、そうでしたが日本語入力には
 Windowsに付いている「Microsoft IME」を使っている方が
  大半だと思いますが・・・

↓Microsoft IME(略してMS-IME)

Microsoft IME.jpg

下記のIMEに変えることにしました。

↓Google 日本語入力

Google日本語入力.jpg
 ※Windows 7です

<br> 改行
<img src="" alt="テキスト"></img> 画像リンク
<hr color="#FF00FF" size="1"> 水平線

等のHTMLのタグを「Google 日本語入力」の単語登録機能にて
 タグを登録、ホームページ作成をスピードアップします。

↓Google 日本語入力はこちらからインストール
http://www.google.com/intl/ja/ime/


Windows 7の例で説明しています。

Google日本語入力ダウンロード.jpg

↑上のページが表れますので「Google 日本語入力をダウンロード」をクリック


G日本語入力利用規約.jpg

↑上のページに移ります
  サービス利用規約を読んで「オプション:」にチェックを入れ
  「同意してインストール」をクリックする



G日本語入力ご利用いただき画像縮小

↑上のページに移りますので
  左下の「GoogleJapan・・・exe」をクリックします。



Google日本語入力ファイルを実行しますか

↑[実行(R)]をクリックする。


Google日本語入力ユーザーアカウント制御

↑[はい(Y)]をクリックする。


G日本語入力をインストールしていただきあり・・・

↑上のページに移りますので
  赤○部分の3つにチェックを入れて
  「OK」をクリックします。


IME選択タスクバー

↑画面下のタスクバーに、青い風船と筆のようなものが描かれたアイコンが出現します。
  このアイコンをクリックすると「Microsoft IME」と「Google日本語入力」が選択できます。


↓下記のようにスパナのアイコンをクリックして
  次に「単語登録」をクリックします。


Google日本語単語入力

↓単語覧にタグを入れて
  「よみ」の箇所に適当に短かくてわかりやすいタグの名称を入れます。


単語登録

あとは、「Google 日本語入力」使用時に「よみ」の語句を入れると
 変換の候補として出てきますので、一発でHTMLのタグが入力することができます。

  これは「ホントに便利!」です。(私見)

「Google日本語入力」には、その他
 長い文章を一発で漢字変換できる。
 予測変換で素早い文字入力ができる。
 ローマ字入力に切り替えなくてもURLが入力できる。
 郵便番号を入力すると住所がでてくる。
 顔文字も絵文字も簡単に入力できる。
  ・・・etosetora

上げればキリが無いほどですが、一度試されてみてはいかがでしょうか?

当サイトの関連ページ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
H2O(エイチ・ツー・オー)など化学式に使う「下付き文字」の入力方法

km2やcm3等の上付き文字(X-8等のべき乗(冪乗)の入れ方)

単位記号 ?(メガオーム)?(デシベル)?(マイクロボルト)?(立方メートル)などの入力方法

カテゴリ別索引



posted by computer at 16:31 | Googleの便利機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。